• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

こだわりすぎないのがいいね

いいねを増やそうと必死なあなた。 色々方法を試してみるのは良いですが、下準備はお済ですか? SNSに投稿したものがいかに流行に乗っていたといても、いいねをもらえない場合があります。 それはあなたの投稿が悪いわけではなく、それ以前の問題の可能性があるので、少し振り返ってみましょう。 続きを読む

これをしなきゃ始まらない

現在の日本では、SNSの普及率がものすごいらしいです。
統計をとって調べてみた結果、日本国民の3人に1人がSNSをしているというデータがあるほどです。
それだけの人が同じことをしているので、当然一部の人たちは競い合いを始めますよね。
それはフォロワーの数であったり、いいねの数であったりします。
かくいう私もその1人です。
露骨に比べあったりはしませんが、いいねの数は欲しいし、他の人が自分より多いのを見ると少し敗北感を感じます。
そんな自分が少し嫌になります。

これはテレビで耳にした情報ですが、あるグループでは、フォロワーの数でランク付けがされていたというのです。
100人越え、200人越え、500、1000、という格付けらしいです。
ランクが低いものに発言権はなく、ランクが高いものは崇められるそうです。
冗談であってほしかったのですが、どうやらそうではなさそうでした。
人の価値がそんなことで決まってたまるか!
とは思いましたが、そのような世界があるという現実に驚くと同時に、自らもそうなりかけていたことに気づき恐怖しました。

SNSはとても便利ですが、便利なものに落とし穴は付き物だということを忘れてはいけません。
先ほど紹介したランク付けの件もそうですが、SNS依存症というものも存在しています。
SNSをしすぎた結果、それから離れられなくなって、SNSに繋がっていないと落ち着かないらしいです。
きっとSNSにこだわりすぎた結果なのでしょう。
こだわるのは大事ですが、引き際を見つけるということはもっと大事だと考えています。

これから、私なりに考えた、いいねを稼ぐ方法を紹介していきますが、常に忘れないで頂きたいのは、こだわりすぎずSNSを有効活用するということです。

おすすめリンク

流行の機能をフル活用!

最近の投稿にマンネリを感じるときは、誰にでもあると思います。 毎日同じような内容では、他の方の興味も薄れていくかもしれません。 フォロワーが飽きてしまって、いいねが貰えなくなるのは寂しいですよね。 そこでSNSの機能を使ってそのマンネリ地獄からぬけだしましょう。 続きを読む

話題に敏感であれ

世の中の興味はめまぐるしく変わっていきます。 去年、数ヶ月前はブームだったのに、今は大したことがない、という状況はざらにあることです。 そのなかで生き延びていくには、常に流行に乗る、ということが重要になるので、流行の波に乗り遅れないようにする方法をお教えします。 続きを読む